元エージェントおすすめの転職支援サービス
経理への転職におすすめのエージェントサイトHOME » 企業の種類別:経理職の業務内容 » 会計事務所

会計事務所

会計事務所の求人の場合、経理よりも広い領域である会計に関する知識や経験を求めることが多いです。

会計事務所の求人で求められるスキルや経験とは

会計事務所の求人で求められるスキルのイメージ

クライアントの会計業務(内容チェック、仕訳処理、補助元帳処理、試算表作成、補助資料作成、決算書作成、税務申告準備)といったようにクライアントを持つ形での業務となりますので、時期によっては膨大な案件が同時平行して進行する場合もあるでしょう。

外資系企業を相手にする場合はUSCPAなどの海外基準の会計知識と、日本国内の会計知識の両方を駆使して業務を進める場合もあります。

最低限として日商簿記2級以上を持っていること求めれ、ポジションによっては公認会計士の資格が必要になる場合もあるでしょう。

ただし、補助スタッフの場合は、会計データの入力作業を中心に書類コピーや資料作成、ファイリングなど、スタッフから依頼されるさまざまな業務に携わり、サポート全般の仕事になります。

他にも取引先等からの電話対応や事務所の規模によっては来客に対するお茶出しなども業務として入ってきます。

逆に言えば、社会人経験があれば転職ハードルが下がるのかなと思います。

会計事務所の求人事例

  • 公開求人例1…【会計スタッフ】

会計事務所で公認会計士の下につく会計スタッフとしてのポジションです。

雇用形態が紹介予定派遣になるため、最初は派遣会社に雇用される形になります。主な業務内容は、クライアント企業の会計監査のサポート業務になります。

紹介予定となるため、求められる経験や資格は正社員並のものを求められます。例えば、会計事務所での実務経験日商簿記2級以上を保持していることが応募の必須条件になります。

  • 公開求人例2…【税務会計アシスタントスタッフ】

会計事務所でアシスタントを行うポジションです。上記と違いポジション的にスキルが求められない反面、所属している会計士やスタッフの下で幅広いサポート業務を担うことになります。

書類のコピーやデータ入力作業にはじまり、資料収集や作成、電話応対やお客様の訪問対応など一般企業の新卒社員のような働きぶりが求められます。

ただし、会計は未経験者には狭き門となっているのが現状で、アシスタントだったとしても会計ソフトの入力経験が必須で、資格面では日商簿記の2級、もしくは、税理士科目を合格していることが求められます。

経理への転職におすすめのエージェントサイト3選≫

この記事の関連のページ

ロゴ 経理編 元エージェントおすすめの経理転職・求人支援サービス
経理への転職を成功に 導くカギを元転職エージェントが伝授します
このサイトでは元転職エージェントである管理人がまとめた経理の転職を成功させるためのノウハウや、おすすめの転職支援サービスについてまとめています。
まずは、絶対に登録すべき3つの転職支援サポートを紹介していますので、ぜひ、チェックしてみてください。

エリア別・求人リスト

  • 東京
  • 名古屋
  • 大阪
  • その他
条件別・求人リスト
  • 未経験者可
  • 経験者優遇
  • 上場企業など大手
  • 英語を活かしたい
  • 管理者優遇
 
ページの先頭へ
元エージェントおすすめの転職支援サービス