元エージェントおすすめの転職支援サービス
経理への転職におすすめのエージェントサイトHOME » 持っていると有利な経理系資格一覧 » USPCA

USPCA

USPCA(米国公認会計士)をリサーチ。なぜ経理の資格として注目されているのか、求められる素養などを掲載しています。試験の概要も。

経理の転職(4)USPCA(米国公認会計士)

経理の転職(4)USPCA(米国公認会計士)USCPAとは、United States Certified Public Accountantの略称。アメリカ版公認会計士資格です。

日本ではUSCPAや米国公認会計士と呼ばれています。アメリカの公認会計士資格のため、日本の公認会計士資格のような独占業務は日本ではありませんが、たいへん注目が高まっている資格の1つです。 

USCPAは英語圏の各国で高い評価を得ており、純粋な職業会計士ではなく、管理職・マネジメント層のビジネスマンであれば当然習得しておくべき知識の証明として知られており、キャリアの有効な武器となります。

また、日本でもグローバル化がずっと叫ばれている中、海外展開していく日経企業にとって海外でも通用する会計処理&財務諸表のディスクローズが求められています。逆に、日本へ進出する外資系企業の増加、外資日系の合弁会社設立など、国際会計基準のベースとなる米国会計基準の知見を持つUSCPAホルダーのニーズは高まるばかりです。なお、米国の資格のため、もちろん高い英語力が必要となります。

USPCA(米国公認会計士)資格概要

資格の種類 民間資格
受験資格 経営学や経済学といった会計やビジネスに関連する単位を取っており、かつ、4年制の大学卒業をしていること。ただし、アメリカ全土共通ではなく受ける州によって受験資格が異なります。
試験内容
  • FAR(Financial Accounting & Reporting/財務会計)…企業・非営利団体・政府機関を対象とした会計基準について
  • AUD(Auditing & Attestation/監査および諸手続き)…監査手続き・監査証明業務、内部統制について
  • REG(Regulation/諸法規)…連邦税、商法、また会計士としての職業倫理・社会的責任について
  • BEC(Business Environment & Concepts/企業経営環境・経営概念)…ビジネスの構造、限界計算を含む管理会計、経済学、IT、投資の意思決定等について
試験時期 常時(テストセンターへの予約受験制)
経理への転職におすすめのエージェントサイト3選≫

この記事の関連のページ

ロゴ 経理編 元エージェントおすすめの経理転職・求人支援サービス
経理への転職を成功に 導くカギを元転職エージェントが伝授します
このサイトでは元転職エージェントである管理人がまとめた経理の転職を成功させるためのノウハウや、おすすめの転職支援サービスについてまとめています。
まずは、絶対に登録すべき3つの転職支援サポートを紹介していますので、ぜひ、チェックしてみてください。

エリア別・求人リスト

  • 東京
  • 名古屋
  • 大阪
  • その他
条件別・求人リスト
  • 未経験者可
  • 経験者優遇
  • 上場企業など大手
  • 英語を活かしたい
  • 管理者優遇
 
ページの先頭へ
元エージェントおすすめの転職支援サービス