元エージェントおすすめの転職支援サービス
経理への転職におすすめのエージェントサイトHOME » 持っていると有利な経理系資格一覧 » 税理士

税理士

税理士の主な担当業務や、経理の資格としてどう活かしていくかなどを考察してみました。

経理の資格(3)税理士

経理の資格(3)税理士税務に関する専門家として、指導や相談に応じる職業が税理士です。

税理士が担う主な業務は、クライアントにあたる企業などから依頼を受けて代行する税務代理が挙げられます。他にもクライアント企業に代わって税務書類の作成を行ったり、税金に関する相談を受けるたりとコンサルタントのような動きがあります

税に関すること以外にも、会計面でも業務を担うことがあり、財務書類の作成や会計帳簿の代行や、事務を行う「会計業務」、納税者を支援する「租税に関する訴訟の補佐人」があげられます。

会計業務などのは公認会計士と業務領域が重なる部分がありますが、税務代理、税務書類の作成、税務相談業務は税理士でなければできません

税金に関する法律は高い頻度で改正がされるため、正確かつ迅速な税務処理を行う上で税理士の存在は重要。他にも、経営に関する相談役を担うこともあるため、社会的に大きな責任が求められます。

税理士資格概要

資格の種類 国家資格
受験資格 下記のいずれかを有する人が受験資格を持ちます。
  1. 大学や短大、または高等専門学校卒業生で、その中でも法律学又は経済学を専攻として卒業した者。
  2. 上記以外を専攻していたが、法律学や経済学に関する科目を1科目以上履修し単位を取得した者。
  3. 卒業するまで2年以上を必要とする専修学校の卒業生(卒業時に専門士の称号を得ている者はこの条件に当てはまります)で法律学や経済学に関する科目を1科目以上履修し単位を取得した者。
  4. 簿記検定1級または簿記能力検定上級合格者。
  5. 一般企業や個人事業主として経理会計業務に従事、もしくは、税理士や弁護士、公認会計士の業務補助として3年以上業務経験がある者。
試験内容
  • 会計学に関する簿記論や財務諸表論
  • 税金に関する法律から3つを選択式で行う。
    (税金に関する法律とは所得税、法人税から、事業性、固定資産税、消費税など)
※税理士試験は全てまとめて受験する必要はなく、1科目ずつ受験することが可能です。
試験時期 例年8月頃
経理への転職におすすめのエージェントサイト3選≫

この記事の関連のページ

ロゴ 経理編 元エージェントおすすめの経理転職・求人支援サービス
経理への転職を成功に 導くカギを元転職エージェントが伝授します
このサイトでは元転職エージェントである管理人がまとめた経理の転職を成功させるためのノウハウや、おすすめの転職支援サービスについてまとめています。
まずは、絶対に登録すべき3つの転職支援サポートを紹介していますので、ぜひ、チェックしてみてください。

エリア別・求人リスト

  • 東京
  • 名古屋
  • 大阪
  • その他
条件別・求人リスト
  • 未経験者可
  • 経験者優遇
  • 上場企業など大手
  • 英語を活かしたい
  • 管理者優遇
 
ページの先頭へ
元エージェントおすすめの転職支援サービス