元エージェントおすすめの転職支援サービス
経理への転職におすすめのエージェントサイトHOME » 持っていると有利な経理系資格一覧 » 簿記

簿記

経理の資格としてぜひ取得しておきたい日商簿記について、ランクごとの難易度や試験概要などをまとめました。

経理の資格なら日商簿記が基本

経理の資格なら日商簿記が基本簿記は、大小の企業規模や業態を問わず、経営活動を記録、計算、整理して、経営成績と財務状況を示す技術です。

知人のなかでも、1人は取得している可能性があるこの資格。年に3回全国で試験が行われますが、最も多くの人が受験する3級だけで1回につき10万人もの人が受験しています。多くの企業が社員に対して資格取得を奨励していることからも、社会的に高い信頼と評価を得ているといえるでしょう。

簿記を理解することで、企業経営の資金繰りに関する財務状況の分析力や経営者視点を養うことができます。経理職に就く人には、ほぼ必須で求められる資格となっていますが、経理職ではない社会人にとっても有益な資格となっており、TOEICなどと並んで人気の資格なのです。

日商簿記検定は下記の4つのクラスに分かれます。なお経理の資格で最低でも必要とされるのは、日商簿記2級程度の知識となります。

日商簿記の難易度と概要

1級

税理士や公認会計士などの国家試験と同じぐらいの難易度。大学で専門的に学ぶ商業簿記、工業簿記、原価計算、会計学を習得し、財務諸表規則・企業会計に関する法規を理解し経営管理や経営分析ができる。

2級経理職で最低限必要となる知識レベル

商業高校で学ぶ商業簿記、工業簿記のレベルです。2級スキルで代表的なスキルは一般企業の財務諸表分析を行うことができることです。分析を通じてこの先の経営の方向性を判断する材料を経営層に提供することが可能になる。

3級

財務経理職のベースとなる知識が求められます。分析はしないものの、経理に関する書類を見ることで、経営状況の現状を把握することが可能です。経理の専門性を追及するわけではないものの、ビジネススキルとして持っておくと役に立つという理由から、営業系職種の人も勉強している人が多い。 

4級

簿記への導入として設定されているレベルです。勘定科目がどういったものがあるのかや、簿記の基本的な仕組みについて理解しているかを測ります。

日商簿記資格の概要

資格の種類 公的資格
受験資格 年齢経験など制限なし
試験内容 1級…商業簿記、会計学、工業簿記、原価計算
2級…商業簿記、工業簿記
3級…商業簿記
4級…商業簿記
試験時期 1級…6月、11月
2~4級…6月、11月、2月
経理への転職におすすめのエージェントサイト3選≫

この記事の関連のページ

ロゴ 経理編 元エージェントおすすめの経理転職・求人支援サービス
経理への転職を成功に 導くカギを元転職エージェントが伝授します
このサイトでは元転職エージェントである管理人がまとめた経理の転職を成功させるためのノウハウや、おすすめの転職支援サービスについてまとめています。
まずは、絶対に登録すべき3つの転職支援サポートを紹介していますので、ぜひ、チェックしてみてください。

エリア別・求人リスト

  • 東京
  • 名古屋
  • 大阪
  • その他
条件別・求人リスト
  • 未経験者可
  • 経験者優遇
  • 上場企業など大手
  • 英語を活かしたい
  • 管理者優遇
 
ページの先頭へ
元エージェントおすすめの転職支援サービス