元エージェントおすすめの転職支援サービス
経理への転職におすすめのエージェントサイトHOME » 元エージェントが教える転職活動の進め方 » 採用されたら

採用されたら

在職中のまま志望する企業から内定をもらった場合、在職中の会社との退職交渉を行います。

今までお世話になった上司に対して退職を伝えなければいけないため、誰しもが退職交渉は悩ましく感じると思います。では円満退職をするためには、どういったところを気にすれば良いのでしょうか。

円満退職をするためのコツと心構え

握手している画像

まず、退職交渉に入るにあたり、強い意志をもって臨むことが大事です。ほとんどの場合、引き止めが入ります。そして後任者が決まらない、退職願を受理してもらえない等とズルズルと引きずられてしまうことも。

柔軟な対応をしてくれる場合もありますが、退職交渉が長引くと入社意志が弱いと思われ内定が取り消されることもあります。もし、上司から引き止めがあり踏みとどまったとしても、その後、昇進の見込みが減ってしまうなんてこともあるようです。

そのため、退職交渉に入る段階では引き止めにあったとしても、絶対に退職するという気持ちで臨まなければなりません

採用側は一刻も早く入社して欲しいと思うものですが、すぐに退職ができるものではありません。法律上は「雇用期間に定めの無い場合は、退職申し入れから2週間して退職」となっていますが、たいていの会社は就業規則で1ヶ月前といったことが多いようです。

このあたりの駆け引きは上司との関係性や業務状況によります。退職日が確定したら退職に向けて後任者への引き継ぎをしていきます。

引き継ぎは円満退職の秘訣

業務の引き継ぎは自分主導でスケジューリングをすることが必要です。転職活動最中、業務フローを整理した文書や顧客資料などの引き継ぎ資料を用意しておくと、退職日確定後スムーズに進めることができるでしょう。

退職日が確定してから最終出社日までは、あっという間です。そのためにも上司や同僚、引き継ぎ相手に協力してもらうことで、予定した退職日にスムーズに退職できるようになるはずです。

経理への転職におすすめのエージェントサイト3選≫
ロゴ 経理編 元エージェントおすすめの経理転職・求人支援サービス
経理への転職を成功に 導くカギを元転職エージェントが伝授します
このサイトでは元転職エージェントである管理人がまとめた経理の転職を成功させるためのノウハウや、おすすめの転職支援サービスについてまとめています。
まずは、絶対に登録すべき3つの転職支援サポートを紹介していますので、ぜひ、チェックしてみてください。

エリア別・求人リスト

  • 東京
  • 名古屋
  • 大阪
  • その他
条件別・求人リスト
  • 未経験者可
  • 経験者優遇
  • 上場企業など大手
  • 英語を活かしたい
  • 管理者優遇
 
ページの先頭へ
元エージェントおすすめの転職支援サービス