元エージェントおすすめの転職支援サービス
経理への転職におすすめのエージェントサイトHOME » 経理職と管理部門職の違いを調査 » 会計との違い

会計との違い

お金に関わる業務としてとひとくくりにされがちな経理と会計。その違いを簡単にまとめました。

経理と会計の違いとは?

会計とは会社や事務所のお金の出入りを記録し、正しいか計算、管理することを指します。都道府県や市町村といった自治体や大学のサークルにも会計係がおり、極端な話、一般家庭の家計簿も会計と言えます。

会計には簿記の知識が必要とされ、国際的な基準や国内の基準に則って記録していきます。財務諸表はこの会計帳簿を基に作成されます。

経理業務はこうした会計業務の中の一部分を指します。決算書の作成業務や企業の経営状態を表す財務諸表の作成は、日々の会計業務で管理記録されている会計帳簿を基に作成されています。

特に上場企業などは決算書を投資家などの外部に対して公表しなければならないため、決算書を作成するという仕事は、経理担当者にとって最も重要な業務のひとつです。また、このような決算書作成の他に、税金関連の申告業務や、法人税・消費税の支払い業務も経理の役割に含まれます。

日々の仕訳や帳簿への記録といった業務があり、共通のルールに従った財務諸表を作るまでが経理の仕事と呼べるでしょう。一方、会計はそれらの資料を見せるためのテクニックと呼んでいる人もいます。

繰り返しになりますが、企業のお金を管理する会計業務があり、その中に経理の業務が含まれます。

会計の業務では簿記の知識が必須になり、一方経理は決算書などの資料作成スキルが必要になります。

既に管理部門職で実務の経験があればどちらも経験している人が多いかと思いますが、会社の規模によっては業務領域が細分化されている場合もあります。

たとえば、零細企業ではお金に関する業務すべてを担当していたのに、大企業に転職したら決算書の作成しかしていない、というケースもあるのです。

公認会計士のような監査の仕事以外で、会計に特化したポジションはあまり見かけませんが、経理と会計の違いを知っておくことで次の仕事探しに役立つでしょう。

経理への転職におすすめのエージェントサイト3選≫

この記事の関連のページ

ロゴ 経理編 元エージェントおすすめの経理転職・求人支援サービス
経理への転職を成功に 導くカギを元転職エージェントが伝授します
このサイトでは元転職エージェントである管理人がまとめた経理の転職を成功させるためのノウハウや、おすすめの転職支援サービスについてまとめています。
まずは、絶対に登録すべき3つの転職支援サポートを紹介していますので、ぜひ、チェックしてみてください。

エリア別・求人リスト

  • 東京
  • 名古屋
  • 大阪
  • その他
条件別・求人リスト
  • 未経験者可
  • 経験者優遇
  • 上場企業など大手
  • 英語を活かしたい
  • 管理者優遇
 
ページの先頭へ
元エージェントおすすめの転職支援サービス